新築物件を購入しよう【住宅の基本的な知識を身につけておこう】

記事一覧

高齢者の移動を考える

メンズ

ポイントは玄関と廊下

健康な人が普通に生活している家の中は、高齢者にとって不便なことはたくさんあります。特に家の出入りと、部屋から部屋への移動は困難になります。埼玉県で注文住宅を建てるとき、ポイントになるのは玄関と廊下です。高齢者が玄関を楽に出入りするには、土間の部分から廊下の床までの高さを、考えることが重要になります。普通に考えれば低く作ったほうが出入りしやすいです。しかし家に入るときは入りやすいですが、出るときは靴をはくために腰掛けるだけの高さが必要になります。そのため埼玉県の注文住宅でも設計のときにシミュレーションをして、ベストな高さを決める必要があります。どうしても答えが出ないときは低く作っておき、別に腰掛けるためのベンチを置くことです。このようにすることで両方をカバーすることができます。そして廊下では手すりをつけることが基本になります。車椅子も使用できるように幅は850ミリ以上にします。直角の部分は車椅子が曲がることを考えて、内法寸法で900ミリが必要です。同じように部屋の出入り口も、広さを確保しておくことです。また滑りにくくするためには、床の材質に木製のフローリングやコルクを使用することで解決できます。そして埼玉県の注文住宅でも、ドアは引き戸にすることです。開きドアの場合車椅子から開閉するとき、自分が邪魔になって操作ができなくなります。引き戸にすれば通行はスムーズです。このとき寝室からリビング、トイレ、お風呂、洗面所を結ぶ動線を快適に出入りできるように、なるべく近づけておきましょう。埼玉県でもこれらの対処をしておくことで、高齢者にとって快適な注文住宅にすることができます。