新築物件を購入しよう【住宅の基本的な知識を身につけておこう】

記事一覧

高齢になってからも安心

住宅模型

階段は踊り場が重要

注文住宅で高齢になったときの生活を考えた場合、さいたま市でも設計の段階で対策をしておくと安心です。健康な人が生活する一般的な注文住宅のままだと、歳をとってから大きな負担になります。さいたま市でも注文住宅の設計では主に階段と段差、廊下を考える必要があります。階段の構造は主に3つあります。1つ目の直線階段は踊り場がなく、上と下が直線になっている階段です。急な勾配になるため、高齢者にとって不便な構造になります。直線階段になる場合は、手すりをしっかりと設置することが重要です。2つ目の折れ階段はL字に曲がって、途中に踊り場があるものです。敷地面積が大きくなりますが転倒したときでも、踊り場で止まってくれるため安全度は高くなります。3つ目の折り返し階段は真ん中に踊り場が設置してある、U字型のものです。敷地面積は一番大きくなりますが、勾配は緩やかで踊り場があるため安全度は一番高くなります。さいたま市でも土地面積や費用の関係で、どの種類の階段になっても段差の高さを低くしたり、床に滑りにくいマットを敷いたりして対策することです。そして体が不自由な高齢者にとって、僅かな段差でも大きな障害になります。基本的に部屋の出入口や玄関の段差、浴室と着替え場のあいだの段差も無くす必要があります。介護を受けながら入浴する場合、専用の椅子に座り外から入ることになるからです。また車椅子で生活するとき、一般的な廊下の幅では狭くなります。手すりをつけることで、さらに狭くなるため余裕をもたせて設計することです。廊下の幅を約10センチ広くすることで、車椅子での移動がかなり楽になります。さいたま市で注文住宅を建てるとき、これらを事前に考えることで、高齢になっても負担を大きく減らすことができるでしょう。